Googleアドセンスに最短で通る方法まとめ!3回落ちた私が言えること。

副業

こんにちは、しろくまです。

今回は、クリック報酬型のメインである「Googleアドセンス」の審査を最短で通る方法をご紹介していきます。

この記事を見ていただいているということは、アドセンス審査につまづいた、またこれから受けようとしているという方かと思います。

筆者は過去3回アドセンス審査で落ちました・・・。

その経験を活かし、どうしたら審査通過したのかなどをこの記事にまとめて紹介いたします。

この記事を読んでくれた方が、一歩でもアドセンス審査通過に近づけるようにと思いながら書いていきますのでよろしくお願いします。

規約をしっかりと理解する

GoogleアドセンスはGoogleが提供するサービスなので、もちろん規約は守らないと審査を通過することはできません。

禁止されているコンテンツを箇条書きでご紹介します。

・著作権侵害にあたるコンテンツ。

・偽造品の販売目的のコンテンツ。

・絶滅危惧種製品の販売をしているコンテンツ。

・危険、中傷的な内容のコンテンツ。(人種・差別など)

・ハッキングのどを可能にする製品の紹介をしているコンテンツ。

・不適切な表示や、虚偽の情報を表示しているコンテンツ。

・パソコン、ネットなどに不正アクセスを引き起こす可能性のあるコンテンツ。

・露骨な性的描写が含まれるコンテンツ。

・国際結婚を促進させるコンテンツ。

・児童虐待を助長するコンテンツ。

上記の内容を気づかないうちに取り入れてしまっている可能性もゼロではありません。

必ず確認しましょう。

専門的知識が必要な記事は避ける

医療・健康・美容などはきちんとした情報を発信するには専門的な知識が必要となります。

特に、医療・健康関連は時に命に係わることもあります。

そのため、あまり専門的な知識のない方が個人のブログにて上記の記事を書いてしまうと信ぴょう性に欠けてしまうわけです。

Googleアドセンス審査に通す際は、できるだけ医療・健康系の記事は避けるようにしましょう。

審査に通りたいなら特化ブログ

ブログには、色々な内容が書かれている「雑記ブログ」と一つのことについて書かれている「特化型ブログ」があります。

審査に通りやすいのは断然「特化型ブログ」になります。

理由はGoogleが何かに特化したブログを好むからです。

子育て中の主婦さん→育児に関するブログ、旅行が趣味の方→旅行に関するブログ

など何か一つのことに特化したブログは、後々の収益アップにも繋がりますのでおすすめです。

メニューを設置

メニューとはブログの上部やサイド、下部に表示されているものです。

このサイトでは、上部にメニューが表示されています。

メニューを設置することで、ブログを見にきた人が、どこにどんな内容の記事が書かれているのか探しやすくなります。

読みやすくわかりやすいブログはGoogleが好みます。

まだ自分のブログにメニューを設置していない、という人は審査前に必ず設置するようにしましょう。

アフィリエイト広告は審査前は貼らない!

Googleアドセンス審査に通過する前は、アフィリエイト広告やバナーは貼らないようにしましょう。

Googleが好む記事は、「内容がしっかりとしていて、読む人の為になる記事」なので、まずはアフィリエイト広告は掲載せずに、悩んでいる人の疑問を解決出来るような濃い記事作成を意識しましょう。

お問い合わせフォーム・プライバシーポリシーの設置

お問い合わせフォームは、ブログを読んだ人が質問などを筆者に送ることができる機能です。

基本的にメニュー欄に設置します。

プライバシーポリシーは、ブログ運営者が収集した個人情報などをどう扱うかなどをまとめ、定めた規範の事です。

これを設置するかしないかでは、読者の筆者への信頼性は大きく変わります。

上記2つも、Googleアドセンス審査前に必ず設置しておきましょう。

文字数やページ数は?

審査に出す記事は、必ず何文字以上!!というような決まりはありません。

私の場合、1記事必ず2000文字以上は書くように心がけています。

そこまで長文でなくても、内容が濃ければそれでOKです。(少なすぎはダメです!)

ページ数は、私が審査通過した時は7記事程でした。

10記事以上書いたから大丈夫!という訳でもなく、中には5記事で審査に通過したという方もいらっしゃいます。

要は内容が一番重要なのです!

まとめ

Googleアドセンス審査に通過するには、Googleがどんな記事(ブログ)を求めているかを理解して、それに沿った記事を書いていく必要があります。

まずは、お問い合わせフォーム・プライバシーポリシー・メニューの設置をし、記事は何か(得意分野や趣味など)特化したものする。

美容・健康系は難易度高めなので避ける

この上記のことを意識して取り組んでみて下さい!

いい結果が出ますように!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました