ナチュラルインテリアって?上手く取り入れる方法!

インテリアの基本

こんにちは、しろくまです。

今回はインテリアを決めて取り入れる前に気を付けて貰いたいことと、インテリアスタイルの種類、その中のナチュラルスタイルについてご紹介します。

もくじ
  • スタイルを決める前に

予算を決める

ライフスタイルに合わせる

  • ナチュラルスタイルとは
  • ナチュラルスタイルのポイント
  • 他のスタイルに比べかかる費用
  • リビング・ダイニングの例
  • まとめ

スタイルを決める前に

インテリアスタイルを決める前に必ずやるべきことがあります。

つ目は予算を決めることです。いくら好きなスタイルの部屋にしようと思っても予算オーバーしたらもとも子もないですよね。

インテリアに含まれるキッチンなどの設備は設置費もかかるので注意です。

しっかりといくらまでならインテリアに費やせるのか決めることが重要になります。それから予算に合わせて選ぶようにしましょう。

2つ目は選ぼうとしているスタイルが、ライフスタイルに合っているかどうかです。

例えば、小さなお子さんがいる場合ガラスを使用したテーブルや棚は割れた場合に危険です。

また、ペットを飼っているご家庭では傷の付きにくい床や家具の方がおすすめです。

自分の好みのスタイルを選ぶ際は、まず自分達のライフスタイルを見直して計画を立てることが重要になります。

インテリアスタイルの種類

ナチュラルスタイル、モダンスタイル、北欧スタイル、アジアンスタイル、カントリースタイル、ヴィンテージスタイル、アンティークスタイル、カフェ風スタイル、クラシックスタイルなど…

上記以外にもまだまだたくさんのインテリアスタイルがあります。

ナチュラルスタイルとは

ナチュラルスタイルとは、その言葉通りナチュラル(自然・天然の)に仕上げたインテリアです。

木材を使用した床材、ダイニングテーブル、椅子などの家具が多く使われます。

アンティークやクラシックスタイル、ヴィンテージスタイルなどのこだわった家具よりも集めやすく取り入れやすいのもナチュラルスタイルの魅力です。

男女共にとても人気があり、シンプルな中にも木の温もりが感じられる居心地の良い空間をつくることができます。

ナチュラルスタイルのポイント

家具などを取り入れる時のポイントの1つ目は色合いです。

派手な色の家具を置いてしまうと、せっかく良い木材を使っていても存在感が薄れてしまいますし、落ち着きのある空間ではなくなってしまいます。

派手な色の家具よりもホワイト、ブラウン、ベージュ、アイボリー、シェルピンクなど淡い色合いの家具などを置くようにしましょう。

もしアクセントとして色の濃いものを取り入れたいという場合は、小物雑貨や花瓶などに取り入れる様にしましょう。

2つ目のポイントは形と素材です。

形はできるだけ角がとがっていないものの方がいいです。角の丸い家具を配置するだけでもやわらかい雰囲気になります。

素材は、ソファーのクッションカバーの場合、革張りより布張りがおすすめです。革張りはかっこいいイメージのモダンスタイルやヴィンテージスタイルに向いています。

素材ひとつでもよく選ぶことが重要ですね。

他のスタイルに比べかかる費用

ナチュラルスタイルは木材を多く使用するため、それなりの費用はかかります。

ですが、家具が高級なブランドものがほとんどのクラシックスタイルや、アンティークスタイルよりはとても安く仕上げることができます。

また、シンプルで家具が少なめなナチュラルスタイルはアジアンスタイルやアンティークスタイル、クラシックスタイルのようにたくさん家具を揃える必要もないので、ここも経費削減できる良いところです。

リビング・ダイニングの例

壁紙、天井は白で統一し、家具を少なくすることですっきりとした印象の空間になっており、床材とダイニングテーブルも淡い感じの色合いなのでよく馴染んでいます。

クッションが良いアクセントになっています。

床材、ダイニングテーブル、扉に合わせ、キッチンも木目調のものなのでまとまってすっきりとした印象です。

所々、黒色の素材を使うことでメリハリもあり、ダイニングテーブル上の花も良いアクセントになっています。

まとめ

  • 自然の素材や木材を上手く利用してナチュラル感を演出する
  • 物を増やしすぎないように
  • 素材や色はシンプルなものを
  • 比較的安く仕上げることができる
  • アクセントは小物で

以上、ナチュラルスタイルについて書いてきました!

まだまだ他にもたくさんのインテリアスタイルがあります。

ぜひご自分に合ったインテリアを見つけてください♪

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました